経営理念・経営方針

無題

弊社は創業以来(昭和46年)、交通安全施設整備業を主体に事業展開して参りました。創業当時はモータリゼーションの普及により交通事故が多発して最悪の状況下にありましたが、関係各位のご尽力と交通安全施設等の整備拡充により大幅に減少できたことは弊社としても誠に考え深いものがあります。

近年、建設産業ではコンクリート構造物の経年変化による老朽化対策が喫緊の課題となり、各自治体による予算処置が年々増加しております。弊社としても10年ほど前から環境保全事業部を立ち上げ補修・保全・補強工事による長寿命化に対処した事業展開を図っており、設備投資においてはライフサイクルコストの低減に向けて事業内容に特化した車両や各種機械の拡充に努めております。

これからも時代のニーズに適応する柔軟な企業として、地域社会と共に安全・安心な道路環境と住環境が維持されるよう、常に挑戦し続ける企業として更なる成長を目指してまいります。

「変化に対応したものだけが生き残る共通の条件である」というダーウィンの進化論を考動指針に、弊社の経営理念である「安全・安心・環境をかたちに」をさらに深耕させて、各分野の専門知識と技術・技能の保有能力を高め、顧客に信頼される企業として邁進いたす所存であります。

今後ともさらなるご支援、ご指導を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

ページの先頭へ