環境保全事業部について

高度成長時代に建設した多くのコンクリート構造物は、コンクリートの耐用年数と言われている 50年を迎えようとしています。
国土交通省ではこれらのことを踏まえ「戦略的維持管理の推進」 として、早期に補修・補強を行うこととしています。
我社では、コンクリート構造物の補修・補強に取り組むべきとの判断からインフラメンテナンスを積極的に進めております。

ページの先頭へ