補強・保全

R0010157

高度成長時代に建設した多くのコンクリート構造物は、コンクリートの耐用年数と言われている50年を迎えようとしています。
国土交通省ではこれらのことを踏まえ「戦略的維持管理の推進」として、早期に補修・補強を行うこととしています。
我社では、コンクリート構造物の補修・補強に取り組むべきとの判断から、新工法を採用し工事を積極的に進めてきたところです。
また、各方面からの要請もあり、橋梁ジョイントの補修として埋設型ジョイントを採用し、騒音や振動の発生を低減させ、走行性や環境を改善しています。

ページの先頭へ